早漏改善薬で射精障害を治す方法とゴクアツの使用

早漏改善薬は一般的には亀頭部分の刺激を抑えるための局所麻酔などの作用のある薬が多いのですが、これらの薬を塗布することで逆に刺激に対して鈍くなりすぎてしまう可能性もあります。またセックスしているときの摩擦などで粘膜を傷つけてしまうと炎症を起こしてしまうのでパートナーにも迷惑をかけることがあります。早漏改善薬として最近ではSSRIなどの精神薬が服用されるようになっていますが、医師の指導のもとで行わないと副作用の心配があります。早漏改善薬は亀頭などに塗るタイプのものからSSRIのような内服タイプへと移りつつあるのですが、もともと射精障害の副作用を利用したものなので、自分だけの判断で服用するのは危険であるとされています。早漏改善薬で効果が無い場合にはコンドームなどを装着して刺激を少なくする方法があるのですが、ゴクアツという製品を使用することで亀頭の刺激を少なくして、セックスを長続きさせることができます。射精障害はゴクアツなどの避妊具から作られたものが使いやすいので、不安な気持ちを少なくすることができます。早漏改善薬は局所麻酔を使ったものを塗布すると一時的には症状が改善するのですが、根本的な治療はできません。射精障害を治療するためには精神的なストレスや不安を取り除くことが大切なので、精神科などを受診して専門医のアドバイスに従うことも必要になります。早漏改善薬として服用されているSSRIはインド産の物が多く出回っているのですが、日本では処方されないタイプのものなので、副作用などに注意が必要で、またSSRIは2週間以上飲み続けないと効果が実感できないので、その期間にはゴクアツなどの製品を使用すると早漏を軽減させることができます。