スクワットで早漏対策が出来る

スクワットで早漏対策が出来るという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
これは本当なのでしょうか。
実は、スクワットは精力を回復させたり、改善させるという効果は期待できますが、それが必ずしも早漏対策になっているとは限らないと言われています。

その理由の一つとして、早漏となっている原因があります。
早漏の原因の多くは、精神的・心因的な物と言われています。
極度の不安や緊張などにより、結果的に早漏となっている人も多いようです。
早漏を改善するためには、原因を特定し、克服することが重要です。
そのためには、回数を重ねたり経験を積むことが大切になりますが、最初から上手くいくとは限りません。
最初は上手くいかないと開き直ることも大切です。

最近では、個人輸入などで手軽に早漏治療薬を手に入れることが出来るようになりました。
様々なタイプがありますので、自身に合ったものを選択することが大切になります。
初めて利用する場合や使用するにあたって不安があるという場合には、病院を受診し、購入することがオススメです。
個人輸入での購入は安い価格で治療薬を手に入れることが出来るというメリットがある反面、偽物を取り扱っているという可能性もありますので、信頼できるところから購入するようにしましょう。

ダポキセチンを使わない早漏治療法

早漏にはダポキセチンという薬が有効だとされています。
ダポキセチンには、脳内の興奮を鎮める効果があります。
ですから、性的な事で興奮している脳を鎮める事ができますので、早漏を改善できるという訳です。
事実、ダポキセチンを服用すれば、射精までの時間を3~4倍延長する事が可能です。

ただ、ダポキセチンを使わない早漏治療も存在しています。
代表的なのが、スクイーズ・テクニック法、スタート・アンド・ストップ法、セマンズ法です。

スクイーズ・テクニック法は、射精しそうになったら亀頭の根の部分を上下から押さえ、射精を我慢するというトレーニング法です。
スタート・アンド・ストップ法は、射精しそうになったら行為を止めるというトレーニング法です。
どちらも落着いたら行為を開始し、射精しそうになったら押さえる、あるいは止めるを何度も繰り返します。

スクイーズ・テクニック法とスタート・アンド・ストップ法が個人で行うトレーニング法であるのに対し、セマンズ法はパートナーを必要とするトレーニング法です。
ただ、行う内容はスクイーズ・テクニック法、あるいはスタート・アンド・ストップ法と同じです。
違いは、自分で行うか、パートナーにしてもらうかの違いです。
パートナーに手伝ってもらえば、メンタル面も鍛えられますので、より効果的です。