三こすり半にはダポキセチン

女性が男性に愛想をつかして一方的に別れを宣告することを、「三くだり半」を突きつけると言います。
これをもじって男性の早漏のことを「三こすり半」と呼ぶことがあります。
ペニスを3回半こすっただけで射精してしまうという状態を、茶化した言葉です。
お酒を飲みながらの冗談話なら面白いのでしょうが、実際に早漏の方にとっては傷つく言葉です。
特に早漏は心因性が原因と言われているので、ナイーブな男性にはこたえる言葉です。
早漏を治すには、経験を積んで精神的な余裕を持つことが大事だと言われてきました。
早漏に効果のある特効薬というのはなかったのです。
しかし、今では早漏克服のための新薬が開発されているのです。
ダポキセチンという薬がそれです。
これは抗うつ薬の一種で、脳内物質のセロトニンを増やす働きをします。
セロトニンというのは興奮を静める働きをするので、これを増やすことによって気持ちを落ち着かせ、早漏を防止するのです。
ダポキセチン 効果は世界中で認められています。
ダポキセチンの他にも早漏に効果のある薬はあるのですが、比較的副作用の少ないダポキセチンがよく使われています。
ただし抗うつ薬の一種ですので、副作用が出る場合もあります。
躁状態になってしまう事例なども報告されているので、心配な方は医師に相談してから服用することが大切です。
早漏はペニスの機能に問題があるわけではなく、精神的なものが原因なので、ダポキセチンを持っているというだけで気持ちにゆとりができて早漏が改善することもあります。
常に常用するのではなく、徐々に気持ちにゆとりを持たせていく方法がおすすめです。
女性と結ばれる前に、心の中で「三こすり半にはダポキセチン」と唱える余裕を持てば、早漏は克服できます。

▼早漏の方の特効薬!
スーパーPフォース
包茎手術 大阪